VCADシステム研究会
HOMEVCADシステム研究会とは研究会活動組織ソフトウェアお問い合わせ
HOME>ソフトウェア
VCAD(ボリュームCAD)システムは理化学研究所(理研)で2001年4月から10年間にわたって開発してきた、ものづくりにおける企画・開発・設計・試作などを支援するための、設計、計測、画像処理、モデル化、シミュレーション、可視化、加工を統合した新しいシステムです。
特に材料の内部構造などの計測データをモデルとし、それを用いてシミュレーションを行い変形や破壊の挙動予測につなぐ事ができるのは大きな特徴です。
理研で開発されたVCADシステムを構成する各ソフトウェア(VCADソフトウェア)は、以下のサイトよりダウンロードすることにより非営利目的範囲で自由にお使いいただけます。なお、VCADソフトウェアを新製品設計・開発過程で利用する等営利目的で使用される場合には、本研究会にお問い合わせ下さい。

ダウンロードはこちらのサイトから↓
http://vcad-hpsv.riken.jp/jp/release_software/
VCADシステム研究会は、VCADソフトウェアの利活用について、(独)理化学研究所
(理研)との間で覚書を締結しています。
VCADソフトウェアをもとに商品化された、あるいは商品化を進めているソフトウェアをご紹介します。これらのソフトウェアの導入に際しては、会員特典が受けられますので是非ご活用ください。
静的な座屈現象等複雑な大変形問題や変形体同士の複雑な接触問題にすごい威力を発揮する3次元弾塑性構造解析ソフトウェアです。
身近な3次元CADモデルビュワーとしても利用できる簡単で手軽な形状表面3角形要素(サーフェスメッシュ)生成ツールです。